高級デリヘルで働くために頑張らないといけない事

高級デリヘルは誰でも就くことができる仕事ではありません。もし高級デリヘルで働くことができたとき、何をがんばればよいのか? - 高級デリヘルで働くために頑張らないといけない事

新着情報

◆2016/07/22
高級デリヘルで働くために頑張らないといけない事の情報を更新しました。
◆2016/07/22
濃いサービスは高級デリヘルでは必須の情報を更新しました。
◆2016/07/22
高級デリヘルにふさわしい私服の選び方の情報を更新しました。
◆2016/07/13
企業概要の情報を更新しました。
◆2016/07/13
高級デリヘル嬢はランジェリーにもこだわるの情報を更新しました。

高級デリヘルで働くために頑張らないといけない事

高級デリヘルで働く女性が一番力を入れて頑張っていることとは、新規客をリピーターにするための充実したサービスと心のこもった接客です。
リピーター獲得はどんな商売でも重要ですが、客単価の大きな高級店ではひとりでも、本指名を何度ももらえるお客がいるかが生命線になっているんです。

仕事が保証されているとは限らない

高級デリヘルに入店するハードルは高いことで知られていますが、それを乗り越えたからといって安定した仕事の確保ができる保証は、実はありません。
営業のように顧客は自分からアプローチを獲得しないといけないので、真剣にお客に向き合わないとやっていけない仕事なのです。
リピーターとして定着させるまでには苦労も大きいですが、毎回新規客を相手にして試行錯誤するよりは、長い目で見て楽なのも事実です。
これと思えるお客に目星をつけたら、集中的にアプローチをかけるのがポイントです。

最初は見た目で勝負する

juyfiyfuf
高級店で仕事を探そうと思えば、まずルックスやファッションで審査されるというハードルが立ちふさがります。
この点で最低の合格基準をクリアしていなければ、高級デリヘルではお客ゼロの状況になってもおかしくありません。
テレビや雑誌に出ている有名人並みでなければ絶対にダメというほどではないですが、外見やファッションのセンスを磨いておいて損はありません。
服装のチョイスやランジェリーを意識すれば、どんな女性でも風俗嬢らしく売れ線を目指せます。
高級店で働くのにふさわしい私服、ランジェリーの選び方のポイントもここでアドバイスしていきます。

手抜きをしては稼げない

高級デリバリーヘルスでも、予定時間よりも早めに切り上げる「時短」の問題が報告されていたり、無為な時間つぶしでお客の不満が出る事例がないとはいえません。
時間通りにきっちりサービス業務をこなすのは、連日勤務が続いたりすると流石に手抜きをしたくなるかもしれませんが、高級店ではお店の評判を汚す行為として厳禁となっています。
時間を掛けて信用とブランドを築き上げてきた高級店にとては、ちょっとの悪評でも致命的な痛手となるでしょう。
「これくらいなら」と甘く考えて手抜きをすると、そのお店で働けなくなってしまってもおかしくありません。

決まった時間に働くと有利

お客から指名してもらいやすくなる工夫として、出勤時間や回数は自由でも、時間帯や曜日を決めて規則的なスケジュールで働くのが有効な方法です。
時間に融通が効く風俗のメリットを削ってでも、その結果指名が増えるのならそれを補って余りあるだけの利益がくるのです。
高級店にかぎらず、予約が入っているのに直前になってのキャンセルはもってのほかです。
急に辞める人が多いアルバイトとは違い、本業並みの誠実さで働かなければ、お店に大変な迷惑がかかってしまいます。

心からのおもてなしをしよう

容姿やテクニックは抜群でも、気持ちのこもったサービスでなければ再度利用したいと考えてくれるお客はそう現れません。
高級デリヘルだからこそ上質なおもてなしと暖かさもサービスの一環として含められています。
接客の基本は講習で教わりますが、自分なりのプラスアルファを加えると一層喜ばれます。
心では割りきっていても、お客との情緒的なコミュニケーションを心がけましょう。
メールや電話を使った個人的な交流も、営業の範囲内なら許されています。
新人の頃は顔を覚えてもらうために、特にアピールを積極的に実践してみてください。
高級デリヘルヴィーナスナビ
■http://venusnavi-deli.jp/